【レビュー】超オススメのサイクルボトル「キャメルバック」

今日は「即位礼正殿の儀」が行われましたね!

大雨から始まりましたが、儀式が終わる頃には雨が止んで空には虹がかかったと話題になっていました。

「1000年前に行われた令和時代の即位礼正殿の儀では、大雨から始まったが儀式が終わる頃には雨止み陽が挿し始め、そして空には虹がかかったと言われています」

なーんて言われても、1000年後の人達は脚色したとしか思わないだろうな(;^ω^)

 

さて、今日は私が使っているサイクルボトルを紹介したいと思います!

 

 

 キャメルバック 

f:id:kuma2vanilla:20191022163819j:plain

左は旧モデル。右は新型の2019年モデル。

 

 もうこれ以外のボトルは使えない 

サイクルボトルというのは世の中にいっぱいあり、消耗品でもあるし誰でも使うものなので景品などでもらうこともちょくちょくあります。

かくいう私も5本くらいボトルがありますが、その中で使っているのはキャメルバックの2本のみです。

他のボトルはデザインが気に入って買ってみたり景品でもらったりしましたが、一度使ってみたらキャメルバックよりも使いにくく、すぐに使うのをやめてしまいました。

 

実は初めて買ったのがこのキャメルバックでした。

ロードバイクを買ったときにショップからキャメルバックをオススメされ、勧められるままに買って使っていました。

他のボトルを知らないので何気なく使っていましたが、他社のボトルを使ってみたらあまりの使い勝手の差に驚きました。

 

 何が違うのか? 

f:id:kuma2vanilla:20191022170333j:plain

全てが凝縮されたキャップ

キャメルバックのキャップは一般的なサイクルボトルとはまったく違う構造になっています。

 

他社は飲み口をギュッと引き上げることで飲めるようになりますが、逆止弁がないものが多いため斜めにすると飲み物がこぼれてきてしまいます

そのためそのままバイクを倒すと飲み物がジャージャーこぼれてしまうという問題があり、サイクルイベントなどでは飲み口を閉め忘れてこぼれまくっているバイクをよく見かけます。

かといっていちいち閉めていると、開けるのを忘れて走り出してしまい、あの固い飲み口を一生懸命に歯で引っ張らないといけません。

メーカーによっては歯が折れそうなほど固いのもあります(´;ω;`)

 

キャメルバックは写真のレバーを捻ると飲めるようになりますが、逆止弁が付いているためひっくり返しても水がこぼれません!

つまり、カバンの中に入れるときや運搬時だけロックしておいて、走るときはずっと解除したままでOKということです。

この飲み口はJET BULBという名前が付いていますが、その名の通りボトルを軽く握るだけでジェットのようにジューッ!と飲めます。

他社のボトルの中にはロクに出てこなくてかなり握りこまないといけなかったり、何度か握らないといけなかったりするものもあります。

 

 良い点 
  • 逆止弁が付いているので逆さにしてもこぼれない
  • ロックすれば握っても飲み物が出ない
  • 工夫されたボトル形状でケージに差し込みやすい
  • ボトルがやわらかく軽い力で握って飲める
  • 飲み口が分解でき清潔に保てる
  • 飲み口のキャップが別売りされている
  • (キャップ付きモデルもある)
  • 620mlのほか710mlモデルもある
 悪い点 
  • デザインの種類が少ない
  • 新型からロックレバーがちょっと固くなった
  • 他社は激安なら500円で買えるが、コレは1500円くらいする

 

と、いうような特徴があります。

 

 新型はキャップがより分解できる 

f:id:kuma2vanilla:20191022172902j:plain

キャップが分解できるから清潔

糖分のあるスポーツドリンクはほうっておくとカビの原因になりやすいですが、2019年からの新型モデルはキャップが簡単に分解できるようになりました。

他社や、従来までの旧型キャメルバックははめ殺しのような感じで分解しづらかったですが(それでもキャメルバックは飲み口のシリコンだけは外せた)、新型はほぼ全てが分解できます。

しかもそれほど苦労はなくスポポーンと分解できますから、よりキレイに保ちたい方には最高のシステムだと思いますね。

まあ、逆に言えば部品点数が多いのでうっかり無くさないように注意が必要です。

 

 ラインナップ   

CAMELBAK(キャメルバック) ポディウム 自転車用ボトル やわらかい 飲みやすい 620ml(21oz) スモーク 18892153
 

 

 

 

 

 

 

CAMELBAK(キャメルバック) ポディウムフィットネスリプレイスメントキャップ ブラック 18852106

CAMELBAK(キャメルバック) ポディウムフィットネスリプレイスメントキャップ ブラック 18852106

 

 

CAMELBAK(キャメルバック) ポディウムマッドキャップ 泥汚れ等防止 ポディウム用 ブラック 18852107

CAMELBAK(キャメルバック) ポディウムマッドキャップ 泥汚れ等防止 ポディウム用 ブラック 18852107

 

 ちなみに私は旧型の620mlと、新型の620ml保冷2倍を使っています。

保冷2倍はまあまあ保冷してくれますが、さすがにステンレスボトルのようにはいかないので真夏はないよりマシかなーって思います。

保冷4倍は断熱層にゲルが封入されているようで保冷はそこそこありそうですが、値段が高く、ゲルのぶん少し重そうだしボトルが固めというレビューもあるようなので、良し悪しといったところでしょうか。

マッドキャップは後付けもできるようで、旧型と新型で形状が違いますが互換性はあるというレビューを見かけました。

 

ちなみに透明系のボトルのほうが飲み物の残量が見えて補給のタイミングを計りやすいのでオススメです。

保冷系はどうしても中身がみえないので仕方ないですけどね。

 

 オススメのサイクルボトルの洗い方 

  1. 飲み口のシリコンだけでも外す(外せるボトルに限る)
  2. キャップ等をキッチンハイターを入れた水に浸ける
  3. ボトルも気になるならキッチンハイター
  4. キャップ等を改めて水に浸ける

帰ってきたら先にボトルを浸けて、その間にプロテインを飲んだり自転車を片付けたりすると待ってなくていいのでオススメです。

ちなみに④の行程をやらないと飲み口にキッチンハイターの匂いが残って、次にライドするときに気になる場合がありますw

いずれも浸けるのは10分から30分くらいの間でいいと思います。

 

今までこの方法でボトルが傷んだことはないですが、もしキッチンハイターでボトルを痛めたことがある!という経験をお持ちの方はコメントで教えていただければ助かります!

 

ちなみに毎日毎日練習するレーサーはキッチンハイターすらもったいなくなるし、チームとなるとボトルが10本20本と数も多くなるため、水を張ったバスタブに投げ込んで放置したあとに軽く洗うとか。

使った後にすぐ水洗いすればキッチンハイターなど必要ないかもしれませんね。