4kでマルチディスプレイでWindows10でLightroomだとちょっと面倒な場合がある話

f:id:kuma2vanilla:20200217194957j:plain

おにゅ~な環境

www.morinokuma-san.com

前回の記事で取り上げましたが、4kディスプレイを導入しました。

しかしながらすべてがうまくいったわけではありませんでした。

今日はWindows10と、マルチディスプレイと、Lightroomそれぞれが絡むとどういう問題があるのかを検証していきたいと思います。

 

4k環境のポイント

グラボが4k 60Hzに対応しているか確認しよう

今使っているグラフィックボードが対応しているか確認するところからですね。

Lightroomはグラフィック性能はそれほど重要ではないと言われているので、とりあえず表示できるならスペックは二の次でも良いようです。

私は友達に譲ってもらったGTX1060を使用しました。

AVアンプを通すならそちらも確認

私の使っているAVアンプはやや古くて4kに対応しておらず、結局パソコンとディスプレイを直接HDMIケーブルでつなぐことになりました。

音声はマザーボードのSPDIF出力からAVアンプへ、光ファイバーケーブルでつないでいます。

DVIでトラブった

いきなり脱線して、DVIのお話から。

冒頭の写真の左に映っている白いサブモニターが今回最初の問題点でした。

けっこう古いモニターで、なんと今は亡き?D-sub15ピンという昔懐かしの接続方式になっています。

さすがにこれまで使っていたGTX750TiですらD-Subなんて搭載していないので、DVIに変換するコネクターを使ってグラボに接続していました。

しかし、どういうわけかハマらない!

 

f:id:kuma2vanilla:20200217195352j:plain

DVIにはややこしい種類があった

上が今まで使っていたDVI-Iデュアルリンクで、下が慌てて買ったDVI-Dデュアルリンクのコネクタです。

DVI-Iのほうは余計なピンが立っていて、新しいグラボのGTX1060に刺さらないのです!

今までDVI端子なんてどれも同じだと思っていましたが、ぜんぜん違うんですね~。

 

DVI-I:アナログとデジタル接続が両方できる

DVI-D:デジタル接続のみできる

 

という違いがあるんですね~。

今の時代はDVI-D デュアルリンクを買っておけば間違いないと思います。

ちなみにDVIは4kには対応しないものの、フルHDなら問題なく表示できます。

「メインディスプレイ」の指定に気をつけろ

f:id:kuma2vanilla:20200217200659p:plain
f:id:kuma2vanilla:20200217200710p:plain
「メインディスプレイ」の設定

私のPCは3枚のモニターがありますが、左のような構成になっています。

42.5インチが1となっていますが、必ずしもこれがメインディスプレイになっているとは限りません。

1のモニターを選択して、下へスクロールして「これをメインディスプレイにする」にチェックが入っているか確認しましょう。

 

なぜかというと、基本的にすべてのアプリケーションはメインディスプレイに表示されるからです。

ほとんどのアプリケーションは最後に終了したモニターを記憶していて次から同じモニターで表示されますが、一部のアプリケーション(Kindleなど)は必ずメインディスプレイから起動するものもあります。

 

タスクバーはメインディスプレイじゃないモニターに配置しても記憶されます。

ただしモニターの接続に問題があったりして表示が崩れたりする不具合があると、このタスクバーはメインディスプレイに勝手に移動してしまったりします。

普通は大丈夫ですけどね。

Windows10の「スケーリング」機能の良いところ、悪いところ

スケーリング機能とは

f:id:kuma2vanilla:20200217201114j:plain

私のPC

Windows10にはスケーリングという機能があります。

例えばいくら42.5インチの大きなディスプレイでも3840x2180という大きすぎる解像度をそのまま表示してしまうと字が小さくて見えなくなります

そこでスケーリング機能で200%に拡大してあげることで見やすくなるわけです。

Windows10のスケーリングに対応しているアプリであれば、文字や操作パネルなどは拡大表示して、画像編集の画面などはちゃんと4kで表示されるので、Lightroomにはうってつけというわけです。

単純に解像度を落としているわけではないというのがこの機能のポイントです。

マルチディスプレイにおけるスケーリングの落とし穴

さて、私はメインの42.5インチだけが超高解像度で、ほかのモニターは古いのでスケーリングを100%にして使っています。

Windows10ではこのようにモニターごとにスケーリングを変えて使用することができます。

非常に便利ですがアプリによってはこれが落とし穴となる場合があります。

 

例えばKindleですが、左の白いモニターがメインディスプレイになっていると必ずそっちでKindleが立ち上がってしまいます。

しかしそのあとで42.5インチのモニターへKindleを移動すると、スケーリングが無効になった状態で表示されてしまいます。

このように、スケーリング機能への対応が微妙にバグってるアプリについては問題が発生します。

おそらくKindleは最初に立ち上がったモニターのスケーリングをかたくなに守るため、ほかのモニターに移動してもそのスケーリングを維持してしまうのだと思います。

42.5インチをメインディスプレイにして立ち上げた後、左の白いモニターに移動すると200%に拡大されて表示されてしまいます。

f:id:kuma2vanilla:20200217210326j:plain
f:id:kuma2vanilla:20200217210343j:plain

左がメインディスプレイに指定した42.5インチで200%で表示したもので、ちょうどいい感じのスケーリングになっています。

右は、そのあとウインドウをスケーリング100%にしたサブモニターに移動したところ、強制的に200%表示になってしまいUIパネルなどが異常に巨大化しています。

 

これはLightroomにも言えることです。

Lightroomではマルチディスプレイの場合「セカンダリディスプレイ」に写真一覧を表示するウインドウを開くことができます。

メインの現像画面はそのままに、写真一覧をサブモニターに表示させて画面を広く使おうというわけですね。

しかし、Lightroomは本体が立ち上がったモニターのスケーリングを基準にしますから、さきほどのKindle問題と同じようにサブモニターに表示される写真一覧の画面は200%のスケーリングでバカでかく表示されてしまう、というわけです。

f:id:kuma2vanilla:20200217203323j:plain

こんな感じ。メニューが入り切ってない・・・

疑似的に1360x768の半分の解像度になっているわけですから、こんなせまっ苦しくなってしまうんです。

問題を解決するためには

なぜこういう問題が起きるかと言えば、スケーリングの違うモニターを混在させて使っているからです。

逆に言えば、すべてのモニターを同じスケーリングで使えば問題は起きないはずです!

ただし私が使っているサブモニターは古くて解像度が低いため、設定画面に100%と125%しか出てきませんでした。

それに解像度の低いモニターを200%で使うと拡大されすぎて結局見づらいだけなので、充分に高解像度のモニターをスケーリングして使うのが適当なのかなと。

 

たとえば、このようなモニターを買えばいいのでは?

スケーリングはモニターによって使える縮尺の推奨値が決まっているので、このモニターでも200%で使えるかは、もう少し調べてみないとわかりませんが・・・。

 

もう一つの手段は、Lightroomのときだけメインディスプレイのスケーリングも200%から100%に変更して使うということ。

編集パネルなどが異常に小さくなりモニターに接近しないと使いづらいんですが、写真を表示するエリアが広くとれるのでそれはそれで見やすいという側面も・・・。

 

最後の手段としては、フツーにメインディスプレイだけでLightroomの編集すればいいじゃん

ほとんどの人は一つのディスプレイで編集してるんでしょうから、無理してサブモニター使わなくてもいいような・・・。

まとめ

f:id:kuma2vanilla:20200217162518j:plain

Windows10になってようやくマルチディスプレイが使いやすくなったりしましたが、その半面まだまだ微妙な点もあることがわかりました。

しばらくはいろいろ試していきたいところです。

 

f:id:kuma2vanilla:20200217205428j:plain

ところで私は世間の人とマルチディスプレイの使い方がちょっと違います。

大型のディスプレイを独立して置いて、手前のテーブルに小さなサブモニターを2枚置いています。

普通はすべてのモニターを並べて置く人がほとんどのはずですけどねw

 

これはクルマをイメージしています。

クルマってフロントウインドウがあって、手前にドアミラーだったりカーナビがあったりしますよね。

パソコンの場合は42.5インチがフロントウインドウで、ドアミラーやカーナビが手前のサブモニターというわけです。

ネトゲにハマっていた時期にこれを考案してずっと使っていますが、かなり便利ですね!

大型モニターでゲーム画面を出して、手前のモニターで攻略情報を見たり、Skypeなどで連絡しあったりしていました。

そのための3枚モニターです。

ま、今はネトゲやらなくなったので3枚もいらないんですけどね(;^ω^)

DELLの42.5インチ液晶ディスプレイ「U4320Q」を設置した!

今までソニーの40インチ液晶テレビを10年くらい使っていましたが、ここ数年で地デジチューナーが壊れてテレビが映らなくなったり、バックライトの蛍光管が弱ってきて光にムラがでてきたりしていたので、ついに買い替えを決意しました。

 

JN-VT502UHD [4K 50インチ液晶ディスプレイ UHD]

JN-VT502UHD [4K 50インチ液晶ディスプレイ UHD]

  • メディア: エレクトロニクス
 

1月末にジャパンディスプレイの50インチの新型が発表され、なんと5万円という安さに惹かれました。

ただ今までが40インチですから50インチはさすがに大きすぎるのでは?という気もしましたし、5万円という安さと引き換えにドット抜けなどの対応など気になる点もあり、見送ることにしました。

ほかの格安メーカーに比べれば、まだ評価は悪くないほうらしいんですけどねえ。

 

 

www.morinokuma-san.com

さて、前回の記事ではパソコンを組み上げたところまででした。

今回は購入したDellのディスプレイの話を中心に書いていきたいと思います。 

Dell 42.5インチ液晶ディスプレイ U4320Q

f:id:kuma2vanilla:20200217142719j:plain

Dell 42.5インチ液晶ディスプレイ U4320Q

購入した理由

www.dell.com

f:id:kuma2vanilla:20200211215538j:plain

基本的な性能のアピールはもちろん、1つでもドット欠けがあれば無償交換に対応してくれるというモノ。

それなりに高額な品物ですから、こういうポイントは重要だと思いました。

いまのところAmazon楽天などでの販売はされておらず、Dell直販サイトのみみたいです。

性能

IPSで、視野角は充分に広く感じる。

パネルはグレアパネル(反射しない)を採用!

最近はパッと見のキレイさを重視してかノングレア・ハーフグレアなどが流行していますが、正直見づらい。

しかしDellのこのディスプレイはグレアパネルなので、とても見やすいですね。

 

応答速度は8ms(通常モード)・5ms(高速モード)。

ゲームをしないのであまりよくわからないが、1フレームが命取りになるゲームには向かないか?

設置してみた

f:id:kuma2vanilla:20200217144722j:plain

デカっ!

友達に手伝ってもらって、2人がかりで2階に運びました。

アパートとかだと、そもそもエレベーターに入るのか?というのが謎です。

細いから玄関から入れるのは別に問題ないんですけど・・・。

 

f:id:kuma2vanilla:20200217144858j:plain

梱包箱がよく考えられてる!

どうやってディスプレイを取り出すのかと思ったら、箱in箱になっていました。

ロックを兼ねた取っ手を外すと、外箱だけがスーッと上に外れる仕組みです。

ディスプレイがほぼむき出しになるので、取り出しやすいというわけですね。

 

スタンドとディスプレイは別々に梱包されていました。

付属のスタンドはパッチンとハメるだけという簡単さなので、そこそこ力のある人なら一人でも大丈夫そうです。

このスタンドが非常によく考えられていて、取り付け・取り外しはパッチンなのに、鉄を使ってきちんとハマるようになっているんですね。

無理な体勢のままネジ締めをしないといけないかと覚悟していたので拍子抜けでした。

 

f:id:kuma2vanilla:20200217145304j:plain

起動!

新世紀ですが、DVD画質www

ディスプレイは17.6kgと、テレビ台に乗せるだけなら成人男性一人でなんとかなるレベルです。

微妙につかみどころがないので、ゴムのついた作業手袋をお勧めします。

 

f:id:kuma2vanilla:20200217145815j:plain

センタースピーカーは奥に

AVアンプの関係については後述しますが、センタースピーカーは奥にしてみました。

今までは液晶テレビの手前に置いてあったんですが今回はディスプレイの高さが低すぎてそうもいきませんでした。

しかし奥にスピーカーを置いてみたら案外悪くない。

わずかにこもったような感じはしますが、まあこんなもんかな!って感じです。

ちなみに、手前のカメラはPS4PSVR用カメラです。

使い勝手

ボタンなど

f:id:kuma2vanilla:20200217143515j:plain

ボタン

本機はリモコンが付属せず、OSDメニューの操作や入力切替などは本体側のボタンで行います。

最初は使いにくいと想像していましたが、実際に使ってみるとそれほどでもない!

ボタンがほんのわずかに出っ張っているため、目立たないのにボタンの位置がわかりやすくなっている、非常に優秀なデザインです。

PCのみを使うならボタンを操作することはないでしょうが、別の入力端子にBDレコーダーやPS4などを接続している場合は、このボタンの操作が必要ですからね。

自動切替にも対応していますが、複数の機器の電源を入れたまま切り替えたいときは結局手動で切り替えが必要です。

 

左側の2つのボタンにはショートカットが設定でき、いくつかの機能を割り当てられます。

私はボタン1をHDMI1に、ボタン2をHDMI2にしてみました。

そうするとメニューから選ばなくてもチョンチョンと押せば素早い切り替えが可能です。

PCを切るとディスプレイも切れる!

めちゃくちゃ感動した!!

いや、今までは液晶テレビだったのでPCの電源を切ってもテレビの電源は自分で切ってやらないといけなかったんですよw

まあ最近のテレビは入力信号がなくなると自動で切るみたいですが、私の液晶テレビはそうではありませんでした。

まだフルHD(1920x1080)が普及し始めたくらいの時期でしたから、そのあたりの機能はしょうがないですね。

あきらめつつも、10年とか使っていたわけですがw

転倒防止

本体には日本の液晶テレビによくある転倒防止ベルトを付けるネジ穴がありません

かなり重心が低いから倒れっこないとDellは考えているのか、はたまた小さなディスプレイばかり作ってきたから大型ディスプレイの転倒のリスクを考え忘れてるのか・・・は不明です。

アメリカの会社だから地震のことを考えてないのか?w

入力端子

入力端子はHDMI、Displayポート、thunderbolt対応USB Type-Cポートまで備えています。

しかもType-Cポートは90Wの出力がありノートパソコンの充電すら可能ということです。

側面にも、USB3.1(たぶんGen1)とType-Cポートがあります。

背面のポートは手探りで抜き差しするのは大変ですが、ディスプレイが上下左右に少しスイーベルするので少しはマシです。

内蔵スピーカー

内蔵スピーカーはさすがにオマケレベルなので、期待しないほうがいいですw

全体的にモコモコしてます。

でも音圧はけっこうあるのでテレビ音声などは当たり前ですがちゃんと聞こえます。

まあ、激安でもいいので外付けスピーカーなりアンプ使ったほうがいいとは思いますけどね(;^ω^)

付属品

f:id:kuma2vanilla:20200217145558j:plain

なんかいっぱいケーブルついてきた

Type-Cやら、やたらケーブル付いてきました!

残念ながらどれも使いませんでしたが・・・。

もったいねえ。

唯一、問題アリ

ディスプレイ全体が右にわずかに傾いてます

まあよーーーく見ないとわからないレベルですけどねw

設置した瞬間はすげー気になってましたが、もう慣れました(´・ω・`)

AVアンプと接続する際の注意点

AVアンプを通すなら4k対応か確認を

私はONKYOのAVアンプを使っています。

まだ4k対応AVアンプが普及しきっていなかったため、私のも4kに対応していませんでした。

というのも、最初そうやって繋いでみたらディスプレイのほうが「オマエの解像度足りねーYO!」って言ってくるのでどういうわけ?と思ったんですね。

そしたらどうやらAVアンプからは4kではなくもうちょい小さい解像度しかディスプレイに届いてなかったみたいでした。

結局パソコンとディスプレイをHDMIで直結しています。

 

AVアンプを通すと、PCにデメリットが?

アンプの機種にもよると思いますがアンプとHDMI接続した場合、アンプの電源を切るとWindows10のウインドウ配置がぐちゃぐちゃになります。

特にマルチディスプレイの場合は別のディスプレイにウインドウが一気に移動するという悲惨な結末に・・・。

これはアンプ側の仕様によるもので機種によっては大丈夫かもしれませんが、それを確かめるのはPCを繋いでみるか、レビューでそういう人の話を聞くしかないっていう。

しかしPCとディスプレイをHDMIでつないだ場合は、ディスプレイの電源を切ってもそういうことにはなりません。

PCとAVアンプは光出力で

PCとディスプレイをHDMIで接続しましたが、それとは別にPCとAVアンプはSPDIF(光ファイバー)で接続しています。

なおかつPC側の音声出力デバイスでSPDIFを選択し、動画プレーヤーなどの設定をアレコレすればDolbyDigitalやDTSなどのスルーパスが可能になり・・・・・・、まあ要するにアンプで5.1ch再生ができるってことです!

 

ディスプレイには、HDMI1にPCを、HDMI2にAVアンプを繋いでいます。

またAVアンプはPS4、BDプレイヤー、HDDレコーダーを繋いでいます。

たまにPS4やレコーダーを見たいときはディスプレイ本体の入力切替をしないといけませんが、慣れれば大したことないかなって思いました。

まとめ

f:id:kuma2vanilla:20200217162518j:plain

画質調整などなにもしていませんが、今のところこんなもんでいいかな!?と思って使っています。

LEDバックライトもイイカンジで、蛍光管バックライトの時代とはまた違った雰囲気の見え方が面白いですね。

しかも最近の液晶ディスプレイはフチギリギリまで画面ですから、めちゃくちゃカッコいい!

久々に買ってよかったと思える品物でした(*´ω`)

【備忘録】現像用の自作パソコンをついに組み上げました!

やり切った!

久しぶりにパソコンを分解して組み上げました。

全部バラして組み直すのは5年ぶりです。

備忘録も兼ねて、パーツ構成など書いていきたいと思います。

 

前回

www.morinokuma-san.com

 

現像用の自作PC

前回までの構成

2015年11月

  • ケース CoolerMaster Silenceio 352
  • OS Windows7 Professional
  • CPU Intel Core i5 4590S BOX 3Ghz(3.7Ghz) FCLGA1150 TDP:65W
  • メモリ CFD W3U1600HQ-4G (DDR3 PC3-12800 4GB 2枚組)
  • M/B ASRock B85M Pro4
  • G/B GeForceGTX750Ti
  • USB3.0拡張カード PLANEX PL-US3IF04PE [USB3.0]
  • 電源 玄人志向 KRPW-L4-400W/A
  • 光学ドライブ LGエレクトロニクス GH24NSC0+S
  • SSD 東芝 128GB(HDTS212XZSTA)(2014.01.08~)
  • HDD(内蔵) 東芝 MD04ACA400 [4TB SATA600 7200] x1台(2015~2018?~)
  • HDD(外付け・バックアップ用) 東芝 MD04ACA400 [4TB SATA600 7200]x1台(2015~2018?~)(使用ケースLogitec LHR-EGEU3F)
  • HDD(外付け) HGST2TB x2台(HDS723020BLA642)(2012.12.07~)(使用ケースNOVAC 2SATA HDD はい~るKIT RAID Data Saver NV-HS222U3S)

今回の構成

主なスペック
  • CPU:AMD Ryzen7 2700
  • メモリ:16GB
  • G/B:GeForce GTX1060 6GB
  • SSD:512GB M.2 NVMe
  • HDD:4TB

ベンチマーク

f:id:kuma2vanilla:20200216181148p:plain

f:id:kuma2vanilla:20200216181201p:plain

パーツ選定の決め手

なぜそのパーツを選んだのか、簡単なレビューも併せて書いていきたいと思います。

CPU:AMD Ryzen7 2700

AMD CPU Ryzen 7 2700 with Wraith Spire (LED) cooler YD2700BBAFBOX

AMD CPU Ryzen 7 2700 with Wraith Spire (LED) cooler YD2700BBAFBOX

  • 発売日: 2018/04/19
  • メディア: Personal Computers
 

Ryzenの第2世代となる7 2700は、intelのCoreの第8世代と第9世代の間に発売されました。

しかしその性能は単純比較でintelのi7 8700、i7 9700U(どちらもTDP:65W)と同じくらいでありながらも、Ryzen7 2700のほうが5千円~1万円安いうえにLED付のCPUクーラーが付属するというお得な製品となっています。

Ryzenはすでに第3世代が発売されていますが、まだまだ第2世代でも十分な性能があると言えます。

 

メモリ:Corsair VENGEANCE LPX PC4-21300 DDR4-2666 8GBx2枚組 

CORSAIRのパーツ類はそこそこ安いわりに評価も高かったので選びました。

いくら安くてもレビューがなにも付いていない商品はやはり選びにくいですね(;^ω^)

今時はヒートシンク付きでもそれほど高額でないため、よほどギリギリまで節約したいのでなければヒートシンク付きが無難だと思いました。

 

マザーボード:ASRock B450M Steel Legend

f:id:kuma2vanilla:20200216171847p:plain

ASRock B450M Steel Legend

このマザーボードを選んだ決め手は以下の通りでした。

  • 実売価格が1万円以下
  • SPDIF角形出力端子がある
  • M.2 NVMeスロットがCPUの直下にあり、風通しが良い

どれも外せない要素です。

 

SPDIF角形出力端子は、AVアンプに繋ぐために必要でした。

普通ならHDMIケーブル1本でディスプレイに出力すればいいところなんですが、私は4k出力に対応していないやや古いAVアンプを使っているため、音声だけ光ファイバーケーブルでAVアンプに入れないといけないんですよね。

 

M.2 NVMeスロットは、mciroATXマザーボードの場合は基板の裏面という放熱性の悪い場所に配置される場合もあります。

またグラボの真下という狭いところに配置されている場合もあります。

このマザボの場合はCPUファンのすぐ下にあるため、風通しがよさそうだなと思いました。

まあ、CPUを冷やしたあとの温かい風が当たるってのも果たしてどうなんだろうという気もしますが・・・w

 

グラボ:ZOTAC Geforce GTX 1060 6GB Single Fan

ZOTACのグラボもわりと安いわりに評価が高いってイメージがあります。

このグラボ、実は友達が譲ってくれました(;^ω^)

ほかの選択肢としてはGTX1050Tiがありました。

どちらも、4k 60Hz出力が可能なことが絶対条件です。

Lightroomの現像においては3DCGゲームに要求されるような高性能は必要ありませんが、最低限4k 60Hzが出ないとディスプレイが映りませんからねw

 

SSD:ADATA XPG SX8200 Pro ASX8200PNP-512GT-C

ADATA ASX8200PNP-512GT-C XPG SX8200 Pro PCIe Gen3x4 M.2 2280 SSD 512GB

ADATA ASX8200PNP-512GT-C XPG SX8200 Pro PCIe Gen3x4 M.2 2280 SSD 512GB

  • 出版社/メーカー: ADATA
  • メディア: Personal Computers
 

intelの760pなどと迷いましたが、他メーカーより安めのわりに性能が良いようです。

M.2 NVMe対応と言っても中身の性能はピンキリですからね。

また基板に実装されているチップの高さが均一で、なおかつシールなどが張られておらず、後付けのヒートシンクが密着しやすそうというのも決め手の一つでした。

 

使用したヒートシンクはこちら。

シリコンリングというのがどうにも心配ですが、熱伝導パッドのほかに熱伝導?両面テープも付属してます。

とりあえず、普通に使っているぶんには室温25度で36度と安定しているようです。

ディスクのベンチをかけてもまったく温度に変化がありませんでした。

まとめ

f:id:kuma2vanilla:20200216174323j:plain

あーもうめちゃくちゃだよ!

PC組み立ては修羅場と化す!

 

f:id:kuma2vanilla:20200216230437j:plain

配線もできるだけ頑張ってみました

やっぱり配線はできるだけすっきりさせたいですよね。

HDDのSATAケーブルと電源ユニットからのケーブルがどうしようもなくて、そこだけ残念感。

まあ手持ちのケーブル使ったりしたからしょうがないですね。

それでもマザーボードの上を横切るケーブルはなくせたのでよかった!

これも裏側配線に対応したPCケースのおかげです。

 


ASRock B450M Steel Legend+AMD Ryzen 7 2700

動画も撮ってみました。

こんだけ光りまくってるのに、ケースのフタを閉めたら見えないっていうwww

 

というわけで久々の自作PCでした。

パーツの組み合わせやらなんやら調べて、価格との兼ね合いも調整しながらパーツを選定して・・・。

なかなか大変ですが、組み上げていく過程や組みあがって無事に起動したときはやはり嬉しいものがありますね!

そういう大変さも自作PCのだいご味ですね。